プロフィール

市野 元彦 Motohiko Ichino

ギタリスト。兵庫県神戸市生まれ。同志社大学在学中より独学でジャズを学び、関西圏で活動を始める。1996年ボストンのBerklee College of Music に留学。 Mick Goodrick(g), Bret Willmott(g), Tony Gaboury(g), Jon Damian(g)に師事し、1999年同校を卒業。2001年に帰国後、首都圏ライブハウス等で活動を開始する。2007年2月にAmmonite Musiqueよりリーダー作『Sketches』、2008年11月にはBoundee Jazz Libraryより『Time Flows (like water)』を発表。現在は藤原大輔(ts,electronics) 佐藤浩一(keys,synth,p) 千葉広樹(b,electronics) 田中徳崇(ds)との“rabbitoo“、外山明(ds) 津上研太(as) 落合康介(b)との“Time Flows Quartet“などの自己のプロジェクトを中心に活動。

またレギュラーグループとしては橋爪亮督 GROUP、渋谷毅 DUO、竹内直 “MANI”、小山彰太 “幽玄郷”、水谷浩章 “BLOW OUT”、太田剣 New Quintet、津上研太 “元太平洋”、織原良次 “miD”、佐藤浩一 GROUPなどに参加している。

2014年2月、SONG X JAZZよりrabbitooの1st album『national anthem of unknown country』が発売。2014年6月には同アルバムのフランス盤(naïve)がヨーロッパ市場に向けてリリースされ、フランスのテレビ局”MEZZO TV”のTop Mezzo of September 2014に選出される。2016年4月、2nd album『the torch』が発売。

(敬称略/2015年12月)

Web Site http://motohikoichino.com
twitter https://twitter.com/motohikoichino
facebook https://ja-jp.facebook.com/motohiko.ichino.1


discography

as a leader

rabbitoo 『the torch』(2016)
rabbitoo『national anthem of unknown country』(2014)
市野元彦『time flows(like water)』(2008)
市野元彦『sketches』(2007)

as a sideman

西島芳/市野元彦/外山明/Laetitia Benat『SONONI + LAETITIA BENAT』(2017)
橋爪亮督GROUP『incomplete Voices』(2017)
渋谷毅/市野元彦/外山明『Childhood』(2016)
佐藤浩一GROUP『Melancholy of a Journey』(2016)
鈴木勲『入魂のアヴェ・マリア』(2015)
橋爪亮督GROUP『SIDE TWO』(2014)
東かおる・西山瞳『Travels』(2013)
橋爪亮督GROUP『VISIBLE/INVISIBLE』(2013)
HATAKEN『Ascension』(2012)
橋爪亮督GROUP『Acoustic Fluid』(2012)
清野拓巳/市野元彦『Frozen Dust』(2011)
橋爪亮督GROUP『As We Breathe』(2008)
かみむら泰一『のどの奥からうまれそうなかんじ』(2007)
橋爪亮督GROUP『Wordless』(2006)
かみむら泰一『A Girl From New Mexico』(2005)

V.A.

DJ Otsuka Hiroko『PIECE THE NEXT JAPAN NIGHT』(2015)
『華麗なる日本のジャズギタリスト達 – Live at STB139, Vol.1』(2007)