DROP2 (4)

あるコードから別のコードに移るときにcommon toneがあるかどうか、ある場合はどの音なのかをすぐに把握出来るようになることは、ソロを弾く際にもとても重要です。モチーフを展開させたり細かいコードチェンジをcommon toneのロングトーンでシンプルにフレイジングしたり。

drop2_comon-1

 

もちろんtension noteを使ってvoice leadingのトップノートを更にスムースに響かせることも出来ますが、まずはコードトーンのみでvoice leadingの土台を確実に固めることが重要だと思います。

 

2~5弦のセットだけでなく、1~4弦のセット、3~6弦のセットも同様に練習します。特に1~4弦のセットは音域・音色的にメロディーをハーモナイズするときやchord soloにも良く使われるセットです。

drop2_position

 

さらに時間の許す限り下記のコードも試してみて下さい。

maj7(#5)  1,3,#5,7
maj7(b5)  1,3,b5,7
maj6  1,3,5,6

7(#5)  1,3,#5,b7
7(b5)  1,3,b5,b7
7(sus4)  1,4,5,b7

min7(#5)  1,b3,#5,b7
min6  1,b3,5,6
min(maj7)  1,b3,5,7

dim7  1,b3,b5,bb7(6)
dim(maj7)  1,b3,b5,7

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です