Chodal Enharmonics (1)

今回はChordal Enharmonicsという考え方をご紹介します。Enharmonic(異名同音)というのはC♯と D♭のように音名は異なるが同じピッチであることを言いますが、Chordal Enharmonicsというのは『あるコードを構成音が共通した別のコードとして捉える』ことを言います。

ひとつの和音の様々な別の使い方を知ること、ハーモニーの構造を多層的に把握することでより自由でバリエーションに富んだ演奏が可能になります。実際DROP2などのvoicingを習得した時点で、実はその何倍ものvoicingを得ていることになります。要は使い方を知っているか知らないか。

では基本的なものを見ていきましょう。

 

Cmaj7 = A-7(9) (no root)

CMaj7の構成音C (root)、E (3rd)、G (5th)、B (maj7th) が
A-7(9)にとってはC (♭3rd)、E (5th)、G (♭7th)、B (9th)、となります。

 

それではDROP2の各Inversionでサウンドを確認して見ましょう。Cmaj7の各InversionのボトムにA音をサポートしてみると、サウンドの違いが分かりやすいかと思います。

このCmaj7 = A-7(9)というchordal enharmonicの関係を、『あるmin7 chordにおいて、短三度上のmaj7 chordがmin7(9)として機能する』と捉えても良いし、『あるmin7 chordのコードトーン♭3rdの音からmaj7 chordを積むとmin7(9)の響きがする』『あるmaj7 chordは短三度下のmin7(9) chord (no root)と同じサウンドである』というようなイメージでも良いかと思います。

 

今度は違うkey、Gmaj7をE-7(9)として使った場合。こちらも分かりやすいようにE音をサポートしてみます。

どれも良いサウンドですが、特に3rd inv.はボトムにtension noteである9thが来ていてなかなかダークな響きがします。

 

さてこの時点でmaj7 chordのヴォイシングを四つ覚えたら実はmin7(9) chordも四つ知っている、ということになりますね!ハーモニーの習得というのは決してコードブックなどを見てヴォイシングの海の中から沢山の種類を暗記するようなものではなく、ひとつのコードの様々な別の響かせ方を理解することが大事です。

次回は同じくmaj7とmin7及びmin7(♭5)を使った、基本的かつ代表的なChordal Enharmonicsの例を挙げていきます。

 

(つづく)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です